新着記事

2008年09月16日

■だから、私達もやはり成功しなければいけないということです■

私が常に思うこととして、企業でも個人でも、その時間軸において
 「成功する・幸せになる」ということが必要不可欠だということがあります。

 企業は社会的にも、そこで働く社員のためにも成功する必要がありますし
 個人であれば、恋人のため家族のため、豊かで幸せである必要があります。

 あなたには勝つことが、成功することが、幸せになることが
 必要なのです。そうすることで周囲を幸せにできるからです。
posted by カレンダーは一番 at 22:11| 大阪 ☁| Comment(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない

環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない (プレイブックス)

地球環境をこれ以上悪化させないためには,どのような社会構造改革が必要かを提案している,一般人向けの解説書。本書では,現在環境保全のために広く行われている無用なリサイクル活動をやめ,工業製品などモノを可能な限り長期間使用することこそで資源の有効活用が図れる。そしてそれが,最終的には地球環境保全につながると説いている。

著者の言う「無用なリサイクル」とは,紙やペットボトルの回収/再生だ。この回収/再生の問題点を分離工学に携わる立場から指摘する。銅や鉄,アルミといった金属類のリサイクルと異なり,紙やペットボトルの再生は,かえって石油など天然資源の利用を増幅する結果となり,最終的には地球環境に悪い影響を与えると主張する。現在流布している"一般常識"からは一見想像もつかないような主張だが,たとえば「ペットボトル1本を再利用するには,どのくらいのコストがかかるのか」を冷静に分析するなど説得力がある。

こうした身近で行われている環境問題対策の疑問から解き起こして読者を引きつけ,1972年の「ローマクラブ報告」で指摘された「2009年の地球環境危機」をいかにして回避すべきなのかを論じている。取り扱っているテーマ自体は重たく深いが,誰でも手軽に読めるよう,一貫して平易な文章で議論を展開している。

環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない (プレイブックス)
posted by カレンダーは一番 at 03:37| 大阪 ☀| Comment(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか

1 いま世界に何が起こっているか 2 働くことの意味が変わった 3 自らをマネジメントする4 意思決定のための基礎知識 5 自己実現への挑戦

現代マネジメント思想の巨人、ドラッカーを初めて読む人のために、これまでの著作10点、論文1点からエッセンスを抜き出し、ドラッカー自身が加筆・削除・修正した必携本である。3部作『THE ESSENTIAL DRUCKER』のうちの第1部で、個人の生き方と働き方が主題となっている。本書の第1章は個人がおかれた状況を確認する「いま世界に何が起こっているか」。第3章「自らをマネジメントする」から、個人のあり方が本格的に論じられていく。社会において業績をあげ、何かに貢献し、成長するにはどう考え、行動すべきか。単なる業績アップやキャリアアップを目指すものではなく、これからの時代を生きる知識労働者が理解すべき本質的な問題を取り上げている。随所に具体的で明快なアドバイスを盛り込みながら、個人が「何をもって記憶されたいか」という究極の問いかけへと向かっていく。編者によれば、本書はドラッカーが初めてという人だけでなく、ドラッカーの世界が「大き過ぎて全体が見えない」という人、次にどの著作を読めばいいのか悩んでいる人たちのためのガイドブックとして作られたという。とはいえ、やはりドラッカーの思想の原野は広大だ。本書も1度通読して済むような軽い本ではない。座右に置いて何度も読み返せば、そのたびに新たな発見があり、勇気がわいてくるはずだ。(秋月美南)
posted by カレンダーは一番 at 01:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

日本人が知らなかったネットで稼ぐ新手法 ドロップシッピング

ノーマネー、ノーリスク、ノー在庫!
パソコンひとつで始められる米国発最新ネット副業!
アフィリエイトの次にくる新たなビジネスモデル「ドロップシッピング」の導入から活用方法まで解説!

第1章 次のチャンスは海外だ!
第2章 アクセス数アップの方法―必ず登録すべき海外の検索エンジンTOP10
第3章 海外でも通用する「売れる・信用されるサイトの作り方」
第4章 海外のネット決済―PAYPAL/ClickBank/2checkout
第5章 ネットで世界中に宣伝する方法―日本でも応用できるネットツール活用術
第6章 新しいネットで儲ける方法―その名も、ドロップシッピング 図解!Cafepress.com!
第7章 英語ができなくても海外向けネットビジネスを始める方法
第8章 海外相手にネットビジネスを繰り広げる日本人の体験談と、その方法に迫る!
第9章 海外ネットビジネスで使う英文メールの書き方―TOEIC本より役に立つ
第10章 実際にネットから収入を得るために本当に必要なこととは?
posted by カレンダーは一番 at 23:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング


プロローグ 僕がネットビジネスを始めようとおもったわけ
1章 未来はインターネットに訊け
2章 ネットビジネスはネットだけでは完結しない
3章 ネット広告の費用対効果を調べないと金をどぶに捨てるのと同じだ
4章 PPC広告は最高のパフォーマンス
5章 検索エンジンを使ったマーケティング(SEM)とは
6章 メルマガで集客する方法
7章 集客後の販促、営業が受注増のカギ
8章 コミュニティの形成
posted by カレンダーは一番 at 15:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

ヒット商品を最初に買う人たち:最新ヒット現象の裏舞台!


ゲームオタクには相手にされなかったニンテンドーDS。二流のオーディオ機器と思われていたiPodなど。最初は失敗作と思われていた商品がなぜヒットしたのか?そのカギは最初に手を出した人達が握っていた!気鋭のマーケターが解説する最新ヒット現象の裏舞台!

レビュー
出版社からのコメント
・ゲームオタクには相手にされなかったニンテンドーDS
・最初は二流だと思われていたiPod
・中年男性は「花王へルシア緑茶」を買ってない
その後ブームを作ったヒット商品の中にも、最初は失敗作だと思われていたものが少なくない。その失敗作を最初に買い、後のブームのきっかけを作ったのは誰なのか?

本書では、「プロダクトコーン理論」を提唱した気鋭のマーケターである著者が、その背景を解説する。さらに、「企業はヒットさせるためにどんなことをしているのか?」といった日常的な疑問を解決し、最新のヒット商品事例も豊富に紹介。「なにが流行っているのか?」「こんなブームがあったのか!」といった驚きも提供する
ラベル:ヒット商品
posted by カレンダーは一番 at 23:19| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの会社にお金があふれる 金のたまごを生むがちょうの増やし方


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
村松 達夫
経営コンサルタント。中小企業診断士。1970年生。『楽しみながら業績をアップさせる!』をモットーに、経営者の身近な相談者としてサポートを行なう。2000年1月に独立開業。スタンド・バイ経営コンサルティングの代表。歯科業界向けのコンサルタント会社株式会社ビジョナリープラネットの取締役も兼務。その他、名古屋商工会議所中小企業相談所エキスパート。学校法人あいちビジネス専門学校マーケティング論非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
第1章 金のたまごを生む8羽のがちょうを誕生させる
第2章 価値を高めてくれるがちょう
第3章 商品をたくさん売ってくれるがちょう
第4章 お客様を招き入れてくれるがちょう
第5章 多くの人に広めてくれるがちょう
第6章 組みあわせるとパワーアップする金のたまご
第7章 金のたまごをふ化させるには?
第8章 がちょうを多くの人に分け与える
ラベル:金のたまご
posted by カレンダーは一番 at 07:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待はあまりできない

麻生さん、福田さんの演説にけっこう人が集まるのが、私は不思議。
けっこう期待してる人達もいますが、お話を聞いていてもあんまりピンと来ませんね。

すさまじい攻防が見られる大河ドラマは、今風林火山ですが、皆小さいながら自分達の国を作ることにああしてしょっちゅう戦っていますが、現代人だって、企業戦士と言う表現があるようにすさまじい攻防が繰り広げられていますね。

1人1人が国をつくってると言う意識を持って働く人が増えれば、もっと日本が良くなり、そして世界が良くなるんではないかなあと思います。政府にいくら甘い期待をしても裏切られるだけでしょう。今までもずいぶん裏切られてきたではないですか。
posted by カレンダーは一番 at 05:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

マンガ版何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法

2004年刊「何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法」をマンガ化。ごく普通の人が「圧倒的な自由」と「熱い人生」を手に入れるプチリタ・メソッドとは。5つの実践例・成功例を紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石井 貴士
1973年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。長野県でアナウンサーを5年間勤めた後、「局アナという地位・名誉・定収をすべて捨てて、ゼロからスタートして億万長者になったら、多くの人を勇気付けられるはず!」と思い立ち、本当にテレビ局のアナウンサーを退職して、無職からスタート。その後、世界一周旅行に出発し、27ヵ国を旅する。帰国後、日本メンタルヘルス協会で「心理カウンセラー資格」を取得。2003年3月28日に(有)ココロ・シンデレラを起業後、半年で何もしないで月50万円以上の収入の流れを作り出すことに成功し、プチリタイヤ・プロデューサーとして、多くの人に自由を提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
続きを読む
ラベル:プチリタイヤ
posted by カレンダーは一番 at 15:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

起業SOHOなど経営者にとってはヒント満載

「『メルマガ』成功のルール」第2弾!

生まれるメルマガがあれば、消えるメルマガもある…。
せっかく始めたメルマガです。もっともっと楽しんでください。

本書は「『メルマガ』成功のルール」同様、お茶屋ののんきな二代目社長、「待つだけ男のケン坊」を主人公としたドラマが展開し、『気づき』『学び』『確認・実践』の3章で構成されています。

『気づき』の章では…
メルマガには「光」と「影」の両面があることを知り、そして多くの人が陥りやすい問題点を洗い出していきます。

『学び』の章では…
ここがこの本のメインディッシュ。現在のメルマガで一歩リードしている「新たなる成功者」たちのお話を聞き、「彼らはなぜ多くの読者さんの心をつかんだのか?」を学習していきます。

<成功者7人衆>
『プレジデントビジョン』増永寛之氏/『「地球探検隊」メールマガジン』中村伸一氏/『ビジネス選書&サマリー』藤井孝一氏/『営業マン必見!小心者の私ができた年収1千万円獲得法』木戸一敏氏/『たった1日で800万!楽して儲かる驚異のFAXDM』金森重樹氏 /『【人と地球にやさしい雑貨】マガジン』戸松寛人氏/『ミズリィ・ウォッチャー』日野佳恵子氏

『確認・実践』の章では…
自分が求めているものをあらためて確認し、それを実践するためのノウハウをまとめます。

さぁ、あなたも、メルマガのステージをひとつ上げるカギをつかんでください。

内容(「BOOK」データベースより)
愛されるには理由(ルール)があった。成功者7人衆に聞きました。メルマガ成功のルール第二弾。

内容(「MARC」データベースより)
生まれるメルマガがあれば、消えるメルマガもある…。せっかく始めたメルマガを、もっともっと楽しもう。多くの人が陥りやすい問題点を洗い出し、読者の心をつかんだ成功者に話を聞く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高橋 浩子
1964年東京生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。“ふつう”のOL→派遣社員を経て、96年に独立。99年にパソコンよろず相談会社「有限会社ティー・キューブ」を設立。代表取締役に就任する。現在はパソコン関連の書籍・雑誌・Web等の執筆を中心に、小さな会社のPC及びLAN活用のコンサルタント、セミナーの講師、講演、さらにメルマガとの出会いから、優良企業、政策シンクタンクや政治家等のWeb&メルマガのプロデュースも手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ファン(継続読者)が増えるメルマガ 消えるメルマガ (アスカビジネス)

飛行機続きを読む
posted by カレンダーは一番 at 08:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

気絶するほど儲かる絶対法則

儲かる会社には、儲かる理由がちゃんとある!
本書を読んでその法則を理解すると・・・・・・
お金が空から降ってくる!!!
・・・・・・ようになります。

『営業マンは断ることを覚えなさい』で、仕事の常識をひっくり返し、あらゆる業界に衝撃を与えた天才コンサルタント・石原明の渾身の書き下ろし! 今回はとくにマーケティングに的を絞り、「儲かるように儲ける方法」を、めいっぱい伝授します。
うまくいかない理由は、どう頑張るかを理解せずに、ただやみくもに頑張っているから。本書で紹介されている「業績右肩上がりまくり」の会社の実例を参考にしながら、「売れるしかけ」と「勝てるしくみ」を身につければ、もう怖いものなしです!

[本書目次より」
*行き詰まっている業界こそ、他業種からヒントをもらう
*10倍成功したかったら、はっきりした目標はもう持たない
*本当に強いのは「2匹目のドジョウ」をコンスタントに出せる会社
*いやなお客と手を切ることからすべては始まる
*究極の「寝た子は起こさない」理論
*「安い」という宣伝には安いお客しかこない
*買ってもらったら、「電話をしてもいい」という権利が発生する
*「お客さんは忘れる」ということを忘れない
*「いいものが売れる」というわけではない
*業界を制覇するには「プロ化」と参入障壁
*儲かったことが理由で倒産する
*世の中は、縮小・拡大の関係にある
*教育とは、同じ人間に同じ話を400回言えるかどうか

気絶するほど儲かる絶対法則
ラベル:社長
posted by カレンダーは一番 at 05:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法

第1章 勝ち残る会社と潰れる会社はここが違う(あなたの会社の「勝ち残り度」をチェックしてみよう
「潰れやすい業種、潰れにくい業種」を知っておく
前提条件からもわかる「勝ち残る会社、淘汰される会社」
「典型的な潰れるパターン」を知っておこう!)

第2章 小さな会社でもできる「稼ぐ力」の強化法(本当に販売力が高まる「専門化戦略」の法則
小さな会社でもできる販売力アップの経営戦術
会社を継続させる「見込み客獲得」の秘訣
営業活動で相手に勝つための「銃弾」を用意する
「売れば売るほどお金が足りない」になってはいけない!)

第3章 小さな会社だからできる「支出削減」の発想法(コストダウンの根元は人材の有効活用にあり
種芋まで食べてはいけません。でも種芋ばかりでもいけません!
「非常食=内部留保」の効果的なつくり方)
第4章 会社を潰さない「借りる力」のフル活用法(とにかくキャッシュバランスをアップせよ!
融資枠の極大化こそが生き残りの命綱!
小さな会社の銀行との上手なつき合い方
銀行以外からの有効な資金調達の発想法)

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
posted by カレンダーは一番 at 04:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

どうやったら夢が叶うまでモチベーションが続くけられるか?

中野選手の話、やっぱり大きな刺激を受けました。
F1レーサーになるというのは、世界の頂点の20人に君臨することを意味します。
どうやったら、その20人になれるのか?
直球で質問をしてしまいました。
「僕は普通の人なんですよ。だから少しずつやっていってなれたので、だから普通の人でもやっていけば、誰でもなれるんです。」
と中野選手が言うのですが、各分野で頂点にいる方に共通して言えるのは、自身のことを普通だと言うところなんですよね。
もう僕を含めパンピー(一般ピープル)から言わせると、普通じゃねーよーと言いたくなっちゃうのですが(笑)
でもでも、もうちょっと突っ込んで聞いてみました。
「その普通の人がどうやったら、その20人になれると思いますか?」
「僕の場合ですが、自分自身に約束をしていくんです。その約束を守っていくんですよね。食事を気をつけるとか、トレーニングとか、約束を自分で作って、それを守っていくんです。そしてどうやったらなれるか?を考えて実行していくんです。そうすると、不思議な出会いがあったり、チャンスがあるんですよね。でも出会いやチャンスがあるのは、当然なんです。それだけ自分で自分の約束を守って準備をしたのだから・・・だから普通の人でもできるんです」続きを読む
ラベル:夢実現
posted by カレンダーは一番 at 23:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

2008年の国難―日本の敵は!?味方は!?


08年は日本は受難の年となる!中国では北京五輪が行われ、
韓国は'07年末に大統領選、翌春には国会議員選挙。台湾でも'07年末に
立法院の選挙があり、翌春に総裁選を予定。そして世界中に最大の影響を与える
米国大統領選挙が、'08年に行われる。歴史的に見て「中国寄り」の民主党か
ら大統領が生まれると「悪夢」となるだろう。2008年は、黒船来航のように
「国難」の年となる!

注文しました!黄文雄さんの本、以前からファンで、未来をしっかり確実に当ててくれてます。今の中国の食品問題なんかも。ハンパじゃないですからね。人毛でしょうゆ作るとか!?
posted by カレンダーは一番 at 23:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

新会社法で「儲かる仕組み」をつくる方法

得意なことで、好きなことで仕事はすすめていったほうがいい。でも、新しい知識の勉強もしないとネ。


もっと他も探す
posted by カレンダーは一番 at 00:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

成功ビジネス書

目次


まえがき あなたもかつては鮫だった
1部 一歩先んずるビジネス発想(退屈より恐怖のほうがまし
いつでも親切に教えてくれるのは強力なライバルである)
2部 一歩先んずるセールス発想(セールスは顧客が「買う」と言ったときに始まる
すべてはセールスにつきる)
3部 一歩先んずるマネジメント発想(管理職の自己防衛法
起業家の自己防衛法)
4部 一歩先んずる問題解決発想(小さなことが大きなビジネスになる
金策)
5部 一歩先んずる人間研究(裸になって自分のシャツまで売る人に気をつけろ
隠れた人材
心を読む、ビジネスを読む)
この本を読み、そして私は問題解決の糸口をつかんだ。
私はビジネス書は比較的アメリカ人の著書の人のを好む。もちろん日本人の人も気に入ってる人もいます。続きを読む
posted by カレンダーは一番 at 02:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

中国ビジネスに関係している方や製造業の方

誰もやらない。だからやる...白木 学

上海シコーで女子社員が乗ってきた自転車が盗まれる (中略)「この会社の責任じゃないか!全部払え、半分じゃダメだ!」と、ギャーギャーわめき散らし大騒ぎになった。

インテルからファンモータ20万個の発注を受けた、小さい会社のお話。日本企業の横並び主義も見てとれる。小さいけれど、一流企業だと思える会社だ。

アマゾンのリンクは勝手に変わってる場合があります。その場合はもどって頂くと、リンクが反映されるようです。
posted by カレンダーは一番 at 23:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。