新着記事

2007年09月24日

ヒット商品を最初に買う人たち:最新ヒット現象の裏舞台!


ゲームオタクには相手にされなかったニンテンドーDS。二流のオーディオ機器と思われていたiPodなど。最初は失敗作と思われていた商品がなぜヒットしたのか?そのカギは最初に手を出した人達が握っていた!気鋭のマーケターが解説する最新ヒット現象の裏舞台!

レビュー
出版社からのコメント
・ゲームオタクには相手にされなかったニンテンドーDS
・最初は二流だと思われていたiPod
・中年男性は「花王へルシア緑茶」を買ってない
その後ブームを作ったヒット商品の中にも、最初は失敗作だと思われていたものが少なくない。その失敗作を最初に買い、後のブームのきっかけを作ったのは誰なのか?

本書では、「プロダクトコーン理論」を提唱した気鋭のマーケターである著者が、その背景を解説する。さらに、「企業はヒットさせるためにどんなことをしているのか?」といった日常的な疑問を解決し、最新のヒット商品事例も豊富に紹介。「なにが流行っているのか?」「こんなブームがあったのか!」といった驚きも提供する
ラベル:ヒット商品
posted by カレンダーは一番 at 23:19| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。