新着記事

2008年09月16日

■「魅力的な広告文面のために必要な“あること”」について

世の中に、広告文面やキャッチコピーを作るテクニックはいろいろと
あります。その種類は、集めてみると実際膨大な数です。

広告文面は人の気持ちに訴えかけ、しかもそのメッセージが信頼を
されなければいけないという宿命を抱えているわけですが、その中
でも、最も共通するテクニックがいくつかあります。

その中の一つ、今日から使えるものを一つご紹介しましょう。

それは「前提条件を上手く書く」ということです。

こう書いてもほとんどの方にはピンとこないので、まずは事例を
ご説明しましょう。

   ●●「コップ1杯の水が簡単に手に入る方法」●●

これはある種のメリットを提供するメッセージです。
ところが、これにはメリットを入手できる場面の前提条件がありません。

   1.「カフェでコップ1杯の水が簡単に手に入る方法」

この場合、恐らくウェイターさんに頼めばすぐ水が出てきますから、
笑い話にもなりませんし、相手がお金を払ってまでも買いたいと思う
メリットではないということになります。

   2.「サハラ砂漠のど真ん中でコップ1杯の水が・・・・」

もうお分かりですね。どこでこの1杯の水が手に入るかによって、
そのメリットの価値はまったく違ったものになります。
同じような考え方でいけば、

  「アルバイトとパートだけで月商○○万円を達成する方法」
  「毎日5分で株式投資に圧勝する方法」
  「少ない広告費で売上げを倍増するノウハウ」
  「デフレ時代でも必ず勝てるマーケティング」

上記はみな同じ構造を持っています。前提とする条件が、あとにくる
メリットを引立たせるということです。この構造は、比較的持続的な
効果が強く、頻繁に使われていても気にならないようですから、
ぜひ皆さんも自社の広告文にこのような構造が組み込めないかを考えて
みて頂きたいと思います。
posted by カレンダーは一番 at 23:05| 大阪 ☁| Comment(40) | 競争優位戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦略的集客のブレイクスルー!

若手社長・経営者・起業家向けに新時代の集客理論・顧客心理・消費者の
掴まえ方をお伝えする情報メルマガ。    
“ビジネス発想の斬新な”野心家経営者・ビジネスマンには特にお勧め。
                                 
「超心理マーケティング!」「儲けのDNAが教える“超”競争戦略」 
の著者が「特別講座番外編」も直接お届けします。    
ラベル:集客
posted by カレンダーは一番 at 22:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 競争優位戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイフェスティバル

日曜日の東京は、晴天からいきなりお天気雨⇒雷雨という
急展開な日でした。
ちなみに14日に散歩していた代々木公園でタイフェスティバルをやっていま
したがかなりの人出で、歩くのも難しいくらいの盛況でした。

恐らく出展店舗も含めて告知活動をしているのでしょうが、大した集客力
です。私は辛いもの実はが苦手なのですが、タイ料理好きにはたまらない
イベントなのかもしれませんね。私は豚を煮た丼と揚げバナナを食べました。
なかなか美味しかったです。

 (アフィリエイト)
ラベル:タイ料理
posted by カレンダーは一番 at 22:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■だから、私達もやはり成功しなければいけないということです■

私が常に思うこととして、企業でも個人でも、その時間軸において
 「成功する・幸せになる」ということが必要不可欠だということがあります。

 企業は社会的にも、そこで働く社員のためにも成功する必要がありますし
 個人であれば、恋人のため家族のため、豊かで幸せである必要があります。

 あなたには勝つことが、成功することが、幸せになることが
 必要なのです。そうすることで周囲を幸せにできるからです。
posted by カレンダーは一番 at 22:11| 大阪 ☁| Comment(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■競争優位戦略について:「意図が感じられないほど自然に勝つ」

最近、様々なクライアントで仕事をして気が付くのは
 いろいろな業界で張り巡らされている“競争優位戦略”についてです。

 実は、巧みな戦略であればあるほど「それらしい意図」を感じること
 なく、じつに自然に多くの人の意識に浸透していきます。

 まるで「最初からそのような状態だったのではないか?」
 と思うほどに。

 実際に私達が業界の勢力構造や、勢い、強みについて思い込んでいる
 ことの多くは「誰かが創り上げた競争優位戦略」であることが多いのでは
 ないかと思います。

 最高度に優れた競争戦略では、以下のような実感を持ちます。

 1)あたかも最初から自分達が“勝ち組”であったように感じる
 2)「相手が勝手につまずいて負けている」のではないかと思える

 このような状態になれば、基本的には行なう努力がそのまま
 売上げに結びつく理想的な環境が作り出されます。

 もし皆さんの会社が「相対的に弱い立場」に立たされているとすれば
 それは事実としての弱点ではなく、賢い誰かによって意図的に生み出された
 弱点かもしれないということも言えるのです。
posted by カレンダーは一番 at 22:08| 大阪 ☁| Comment(0) | 競争優位戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない

環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない (プレイブックス)

地球環境をこれ以上悪化させないためには,どのような社会構造改革が必要かを提案している,一般人向けの解説書。本書では,現在環境保全のために広く行われている無用なリサイクル活動をやめ,工業製品などモノを可能な限り長期間使用することこそで資源の有効活用が図れる。そしてそれが,最終的には地球環境保全につながると説いている。

著者の言う「無用なリサイクル」とは,紙やペットボトルの回収/再生だ。この回収/再生の問題点を分離工学に携わる立場から指摘する。銅や鉄,アルミといった金属類のリサイクルと異なり,紙やペットボトルの再生は,かえって石油など天然資源の利用を増幅する結果となり,最終的には地球環境に悪い影響を与えると主張する。現在流布している"一般常識"からは一見想像もつかないような主張だが,たとえば「ペットボトル1本を再利用するには,どのくらいのコストがかかるのか」を冷静に分析するなど説得力がある。

こうした身近で行われている環境問題対策の疑問から解き起こして読者を引きつけ,1972年の「ローマクラブ報告」で指摘された「2009年の地球環境危機」をいかにして回避すべきなのかを論じている。取り扱っているテーマ自体は重たく深いが,誰でも手軽に読めるよう,一貫して平易な文章で議論を展開している。

環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない (プレイブックス)
posted by カレンダーは一番 at 03:37| 大阪 ☀| Comment(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

未来を輝かしい幸福にするためへの研究

ちょっと以前の本ですが(だから今なら83円+送料340円で買えます。)
糸川英夫の人類生存の大法則―生きぬくための18の提言
プロローグ いま、20世紀をふりかえる
第1章 統率のまちがいを示す「ベドウィンの法則」―企業にも国家にも大リーダーが消える
第2章 統率術のパラダイムが変わった―全世界すでにリーダーなし?
第3章 大不況克服‐新世紀へのパラダイム発想―資本主義から科学主義への大転換
第4章 歴史は終わらない―人類滅亡の危機への挑戦
第5章 先進国家責任論―「笑い」の世紀を前にせよ!
エピローグ もうよい、明るい21世紀へアクションせよ
この先生は西洋占星術の本も出してる、しかもロケット博士でもあります。

私は未来研究と、成功、幸福の法則の研究をこれまでにもこどものころよりしてきました。
そして新しい会社はこれらを反映したものにしたいと思ってます。
会社名は「モアハッピープロジェクト」です。(合同会社)
ラベル:幸福 未来
posted by カレンダーは一番 at 07:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オンリーワン(得意なこと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

なんだかだ

最近、又,昼夜逆転。それにいろいろありすぎるとブログも書けないですね。

ポイント交換申し込んだのはいいけど、本当にちゃんと送ってくれるんだろうか?今までためたポイントはムダにならないか?と、考えると、トーンがドーンと下がってバッド(下向き矢印)

よけいに書く気が失せますね。んーそれにイラストカレンダーブログも更新しなきゃあーと、更新はしましたよ、1ヶ月ぶりたらーっ(汗)

本も出品して10分もたたないうちに、いいお値段で売れてビックリ!けっこう中途半端に古い本でカバーも汚れてはげてるのにあせあせ(飛び散る汗)

仕事も問い合わせや、突然資料送ります〜とか、んーー電話しても出張!!10月のイベント準備やらでてんやわんやしてるんで。本整理してるおかげでコピーを考えたり、ちょうどいい文章見つけたーーって。
posted by カレンダーは一番 at 05:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか

1 いま世界に何が起こっているか 2 働くことの意味が変わった 3 自らをマネジメントする4 意思決定のための基礎知識 5 自己実現への挑戦

現代マネジメント思想の巨人、ドラッカーを初めて読む人のために、これまでの著作10点、論文1点からエッセンスを抜き出し、ドラッカー自身が加筆・削除・修正した必携本である。3部作『THE ESSENTIAL DRUCKER』のうちの第1部で、個人の生き方と働き方が主題となっている。本書の第1章は個人がおかれた状況を確認する「いま世界に何が起こっているか」。第3章「自らをマネジメントする」から、個人のあり方が本格的に論じられていく。社会において業績をあげ、何かに貢献し、成長するにはどう考え、行動すべきか。単なる業績アップやキャリアアップを目指すものではなく、これからの時代を生きる知識労働者が理解すべき本質的な問題を取り上げている。随所に具体的で明快なアドバイスを盛り込みながら、個人が「何をもって記憶されたいか」という究極の問いかけへと向かっていく。編者によれば、本書はドラッカーが初めてという人だけでなく、ドラッカーの世界が「大き過ぎて全体が見えない」という人、次にどの著作を読めばいいのか悩んでいる人たちのためのガイドブックとして作られたという。とはいえ、やはりドラッカーの思想の原野は広大だ。本書も1度通読して済むような軽い本ではない。座右に置いて何度も読み返せば、そのたびに新たな発見があり、勇気がわいてくるはずだ。(秋月美南)
posted by カレンダーは一番 at 01:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHOから小さい会社の経営&社長学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

日にちを勘違い

メールをチェックできてないほど、忙しい日でした。

明日だと思ってた税理士さんが、今日の訪問だったので、ややパニックに。

それから郵便ポストにいっぱいのチラシと郵便物。まだ完全に目を通してませんが、みるみるうちに1つのゴミ袋がいっぱいに。
posted by カレンダーは一番 at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。